スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール・ド・あいち「池田山」2013-10-29(Tue)

時間がたつのは早いもので、今シーズンのツール・ド・あいちもラスト。
今回は谷汲を基点に池田山方面を走ってきました。

(先日の三河本宮山も出ましたが、前日の笠置山の登山の疲れやハンガーノックでぼろぼろの走りだったので割愛させてください)

コースはこんな感じ

谷汲や池田山周辺は何回か走ったことがあるので、道に迷う可能性は少ないはず。

スタート地点に集合すると常連さんはほぼ全員集合。なんと前の日にブルベを走ってきたK多さんまで。
池田山の手前、霞間ヶ渓までは平坦。ほどほどに先頭交代しつつ、霞間ヶ渓で集団を絞ってみる。
10人くらいで池田山に突入。池田山は4番目に折り返し、下り開始。

ゆっくりスピードで下っていると、ガーミンのマウントが緩いのか傾き出す。いろいろいじっていると、なんとかなりました。
折り返しの霞間ヶ渓はO野さんとこるなごさんと合流。さらに春日のあたりでトムさんとも合流。

国見岳の分岐で単独になり、先頭はN良さんがいるはずと思い、マイペースで追走開始。
ここから2つの峠があるけど、斜度は池田山ほどではないので、気持ちよく峠を登る。
が、N良さんの後姿すら見えず・・・。
日坂峠を過ぎると下り基調。横山ダムもしっかり踏み込んで行く。

ゴール手前にハンガーノック気味になって、止まってあんパンを食べた以外はしっかり最後まで踏めました。

ゴールしてみると・・・なんと一番乗り。
どうやらN良さんは道に迷ったらしい・・・。

ikeday


初めてツール・ド・あいちに参加したときは63番目のゴールでしたが、今回は初の一番乗りでした。レースではないけどやっぱりうれしい。

さぁ、来週はこるなごさんと鈴鹿のトロバラだ!
スポンサーサイト

ツール・ド・あいち「乗鞍エコーライン」&乗鞍登山2013-08-19(Mon)

ツール・ド・あいちのヒルクライムシリーズも今シーズンラスト。17日に乗鞍エコーライン、18日乗鞍スカイラインの2連戦です・・・が、僕は18日に登山をするためスカイラインは欠席。エコーラインのみ登りました。

乗鞍観光センターに集合するといつものメンバーもすでに集まってました。シマウマ男さんやyasuさんも登場。ヒルクライムだと7位前後が多いですが、今回は落ちるかも・・・。
いつも雨沢で見かけるエクスカリバーさん(仮)も発見。常連さんたち、会社の自転車の仲間と談笑しているとあっという間にスタート時間。

スタートしてすぐのところで通行止めしているため、通行止め地点からスタート。
(いま思えば、通行止め解除地点からスタートすればよかったのか・・・)

前のほうに並んでいた、こるなごさん、K山さん、G反田さんたちと先頭集団を形成。三本滝までは比較的傾斜が楽なので、ハイペースになり過ぎないように注意。途中、K山さんが先行。マイペースをキープで、G反田さん、エクスカリバーさん、クォータ(仮)さんについていく。こるなごさんはついてこない・・・ってことはハイペースすぎるかもと心配しつつそのままついて行く。

三本滝をすぎるといよいよ勾配が急に、クォータさんが先行。徐々にエクスカリバーさん、G反田さんの順で差が開き始める、カーブでダンシングを入れながら必死についていくがだんだん離れて行く。

森林限界を超えると視界が開けてきて、気分も楽に。すこしG反田さんとエクスカリバーさんの後姿が。追いつけるかもと思ってラストスパート。50mくらいまで差をつめたが県境に到着。畳平までも踏み込むが、G反田さんも余力ありでそのままゴール。

6番目、協会の時計で1時間17分でした。

スタート時間を考慮すると1時間14分くらい??

まもなくするとyasuさん、トムさん、こるなごさん、シマウマ男さんもゴール。
今回は得意コースということもあり、ずっと目標にしてたこるなごさんより先着することができました。

norikura01

秋の鈴鹿ではこるなごさんと一緒に走るので、登りだけでなくほかも練習して、おいて行かれないようにしなければ。

もう4回くらい走ってますが、エコーラインは走ってて気持ちがいいコースです。


さて、ここからは今回も一緒に来ている嫁さんと登山開始。嫁さんはバスで登り、荷物を預かってもらってました。

norikura02

バスからは2時間程度で山頂に着くということもあり、登山道は人が多い。

norikura03

自転車で登ってきたのと、高度があることで結構呼吸が苦しい。

norikura04

山頂が見えてきました。
登山道はよく整備してあり、危険性は少ない。

norikura05

山頂に到着。

畳平に戻るとさすがにみんな撤収済みでした。この日は、平湯の森でテント泊。翌日は西穂高独標まで登ります。


ツール・ド・あいち「おんたけ2240」2013-07-24(Wed)

ツール・ド・あいちのヒルクライム第2戦目。

獲得標高1304m、22kmということで、前回の神坂よりちょっと長め。

昨年はちょっとホイールのトラブルがあり、1時間28分(14位)でした。

で、今年は

1時間21分(8位)

う~ん・・・。タイムは伸びたけど、まだ不満。



さて、今回も嫁さん同行あり。終わった後は温泉にいきました。

ontake13a

なんと未舗装路(注:写真は停車して撮ってます)

ontake13b

お詫び看板を抜けて走ると

ontake13c

到着~。

ontake13d

秘湯の雰囲気がします。
おそらく朝一で御嶽を登ってきたと思われる人が2組先着。

普通のお風呂だけで、露天などもないシンプルなつくりですが、お湯は抜群に気持ちよかったです。

ontake14e

乗鞍までもっと練習しよう。

ツール・ド・あいち「神坂峠」2013-07-07(Sun)

夏場のツール・ド・あいちはヒルクライム。

今回はなぜか毎年参加できている神坂です。

2010年 1時間9分(29位)
2011年 1時間2分(18位)
2012年 56分(9位)

そして今年は・・・

54分(5位)

でした。
こるなごさん、トムさんコンビについていくものの、中盤であえなく離脱。そのあとさらに一人に抜かれて5番目でした。去年よりタイム更新は達成!


走った後は、一緒に来てもらってた嫁さんと

misaka2013

恵那の「銀の森」に行ってきました。ビュッフェではなく、500円のピザでささやかに昼食。

ツール・ド・あいち「琵琶湖・若狭」2013-05-27(Mon)

恐怖の240キロコース、ツール・ド・あいちの琵琶湖・若狭湾にいってきました。

コースはこれ。


3時起床。4時すぎ長浜着。5時スタート。

早速、こるなごさんと前へ。速過ぎ~と思いながらついていく。しばらく二人でまわしてあと、他の人にもローテに加わってもらう。

最初の峠で5名ほどに絞られたが、下りとその後の信号で10人くらいに。若狭湾沿いは緩斜面が続く自分にとっては好きなコースなので、積極的に引いていきました。あ~気持ちいいなぁ~と思いつつ快適走行。

去年と同じで小浜から先は向かい風。10人くらいでローテ組んでも消耗。いつものことながら足使いすぎたかも。朽木で集団からはさようなら~。
朽木の先のローソンでこるなごさん、トムさん、くものたいらさんに合流。補給して、さあスタートと思って走り出すと、道路渡れず3人においていかれる(泣)

単独走行開始。
峠はマイペースでクリア。下って琵琶湖大橋わたってもAV30キープしつつ走行。去年と違ってまだ踏める感じ。でもなかなか追いつかないなぁ~と思って走っていると、S崎さんをパス。


ゴールすると・・・
なぜか5位まで戻ってました。
くものたいらさんたちは途中でもう1回休憩入れたみたいでした。

時間は到着時間は13時35分。去年より22分短縮できました。

先週180キロ、今週240キロ。しばらくロングライドは止めよう。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。