スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリ2011-07-31(Sun)

トレーニング再開。

7月30日 カミハギロード練習会に参加

自宅から今井までは尾張富士経由で行くのですが、尾張富士登っていると気分が悪く・・・。
7時45分発ゲロルシュタイナー4号が発車されそうだったので、明治村横でしばらく休憩・・・。

しばらく休憩していると少し走れるようになり、今井へ。

いつものことながらトップの人たちは速い。

第二集団でおとなしく走行。体調もよくないので、4周どまり。

帰ってから休憩して、軽くランニング。



7月31日 カミハギアスリートクラブの練習に参加

集合場所にいくと、珍しく鉄人K原さん登場。

雨降りそうだったので、今井周回へ。
K原さんになんとかくらいつきながら(とはいってもK原さんは流してるのだろうけど)5周。

戻ってラン。

途中でハンガーノックになって3周で断念。

K原さんいわく、ロングから内臓が回復するまでは1ヶ月くらいかかるらしい・・・。



しばらくリハビリです
スポンサーサイト

テーマ : トライアスロン
ジャンル : スポーツ

セラミックBB2011-07-29(Fri)

ウィリエールを自転車屋さんに預けてましたが、やっと帰ってきました。

ちょっとリフレッシュ。
タイヤを交換(フュージョン2から3に)、そしてTNIのセラミックBBをつけてみました。

tni

まわすとしばらくクランクが勝手に動きます。

動画:TNIセラミックBB

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

後半戦予定2011-07-24(Sun)

常滑のハーフアイアンマンにエントリーしました。
今週はお休みして、来週からシマノ鈴鹿と常滑に向けて練習再開します。


ツール・ド・フランスが終わると、夏の終わりって気分がしませんか??

個人的にはツールも終わり、皆生も終わり気が抜けてる感じがします。


8月21日 ツールドあいち乗鞍(自転車) 

8月27日28日 シマノ鈴鹿ロードレース(自転車)
チームTT/チームエンデューロ

9月18日 アイアンマン70.3セントレア常滑(トライアスロン)

10月16日 渥美半島ぐる輪サイクリング(自転車)

10月30日 ツールドあいち岐阜(自転車)

11月6日 ツールドあいち浜名湖(自転車)

11月13日 ツールドジャパン西湖(自転車)

全日本トライアスロン皆生大会~必殺ゲロルシュタイナーの巻~2011-07-18(Mon)

いよいよ皆生の日がやってきた。

5時にホテルを出て会場へ。
せっせと準備。

ttansition

天気は憎いくらいの快晴。
暑くなりそうだ。

海をみると結構波がある。
入水チェックを終わらスタートを待つ。

7時。スタート!
800人あまりのトライアスリートたちが海へ飛び込む。
波はあるもののペースとフォームを崩さないよう慎重に泳ぐ。
幸運なことにいい位置につけられたので、ブイを横目に方向間違えずに泳げました。

折り返しのチェックポイント
34分。悪くない。
海水でカラカラになった口の中を洗って再び海へ。

しばらく泳ぐと・・・。
しょっぱさを通り越して気分が悪くなってきた・・・。
塩分に口の中の感覚がなくなってきた感じ。
我慢して泳ぐ。気持ち悪い。吐き気がしてきた。

で、

ゲロ水発射。

ライフセーバーさんから「大丈夫ですか~?」と声をかけられる。
ぜんぜん大丈夫じゃないっす。

吐いたらちょっと体調がよくなってきたので、また泳ぎだす。
少しずつ海の底が見えはじめる、スイムフィニッシュまであと少し。

なんとかスイム3キロ泳いで陸に上がれました。
潮流もよくて、1時間15分くらい。ゆっくりとトランジション。

次はバイク145キロ。
日野川を上って大山方面へ向かう。向かい風。
先は長いのでゆっくり進む。エイドステーションで吐いた分を補給。果物、おにぎり、梅干などなど充実の内容。
補給をすませ大山へ。

daisen

景色はいい。

登る、登る、ひたすら登る。トライアスリートだけど登りは得意なので、ひたすらパスしつづける。
暑くて、頭がくらくらしてくるので、エイドのたびに水をかぶって冷却。
大山が終わっても、ひたすらジェットコースター状のアップダウン。
長い長い山岳コースを終えて、ふたたび日野川へ戻ると・・・再び向かい風。行きも帰りも向かい風。
145キロのバイクコース完走。

ラストはラン。42.195キロ。
なんとか足は動く。
が、しばらくすると・・・ヒック。うっ、しゃっくりが止まらん。
暑さで横隔膜がやられたか。呼吸ができずやむなく歩き出す。
スタートしてまで1キロも過ぎてない・・・。
走ったり歩いたりを繰り返しながら進む。でも、このままじゃタイムオーバーペースだ。
走り出すとしゃっくりによる呼吸困難。体調は一向によくなる兆しなし。

うっ、ゲロルシュタイナー第2号が出そうだ。
おえぇぇぇー。と、中身はでなったもののえづく。

あっ、しゃっくりとまった。

いける。エイドステーションでドリンクを飲むと体に染み渡っていく。
足は動く。いままで抜かれたランナーを抜き返す。ペースは良い。
折り返し地点が近づく。膝が痛くなってきたがまだ行けそう。

折り返し地点。
テーピングサービスをやっていたので、念のためにテーピングを施してもらう。
補給して走り出す。

膝が痛む。

走れない。また、歩き出す。歩いて走ってを繰り返す。
さっき抜いた人たちが先へ進む。だが、足は動かない。
エイドで苦し紛れにサロンパスとコールドスプレーをかけまくる。

ほぼ歩きペースに。時間が・・・。
しばらくすると奇跡的に痛みがなくなってきた。
26キロ付近で後ろからアンドローニ・ジョカトーリのジャージを着た人が追いついてきた。前半でも僕と同じ地点でよろよろ歩いていた人だ。きっとこの人も問題を抱えながらここまでやってきたのだろう。このスカルポーニさん(仮称)と一緒に走り出す。二人とも今は問題なく、またいままで抜かれた人たちを抜き返す。
いままで出た大会、どこから来たのかなどとりとめのない会話をしながらゴールを目指す。
会話で気分がまぎれたのか、30キロ、35キロと順調に足をすすめることができた。

あたりはすっかり暗い。
残りは2キロ。スカルポーニさんとゴールをめざす。残り1キロ。足が動かない。
スカルポーニさんは先に進む。残り1キロが長い。

でも、競技場でゴールのアナウンスが聞こえる。
競技場に入る。
あと少し。

フィニッシュラインが見えた。
名前を読み上げてもらって、両手を挙げてゴール。

長かった。時計を見ると8時を過ぎていた。

ゴールした後にスカルポーニさんが「ゼッケン交換しましょう!」と言ってくれた。
一緒に走れなったらゴールできなかったかもしれない。
お礼を言ってゼッケンを交換しました。

zekkeenn


ゼッケン765番さん、ありがとう。

本当に過酷なレースでした。
吐きながら走るというどうでもいい技を習得しました。

これを書いている今はまだ実感がわきませんが、ゴールしたときの充実感はいままでにないものです。

いまはゆっくり休みたいけど、またしばらくすると出たいと思うんだろうな・・・。

テーマ : トライアスロン
ジャンル : スポーツ

全日本トライアスロン皆生大会プレビュー2011-07-13(Wed)

いよいよ今週末になりました。
今シーズンの最大の目標、第31回全日本トライアスロン皆生大会。

初めてのロングディスタンス完走に向けて、できるだけの練習をつんできたつもりです。
宿の手配、切符の手配も済み、自転車も発走済み。あとは現地に行くだけとなりました。

レースはスイム3km、バイク145km、ラン42.195km。

スイム3kmは制限時間2時間。
水流が悪いことを想定して、1時間20分くらいでいけるか。

バイクは145km。
コースはこんな感じ。
のぼりが多い。
獲得標高で1700mあるので、ちょっとしたグランフォンドだ。
迷いましたが、TTバイクじゃなくてロードを使います。
AV25km/hで6時間くらいで走りたいところ。14時30分頃にバイク終了。制限時間は15時30分。

最後の難関ラン。
信号待ち、歩道橋などがあり、かつ炎天下で長時間の運動なので、想像もつかない。
ハーフマラソンの持ちタイムは1時間34分だけどあてにはならない。蒲郡が10キロ50分だったので、
実際は4時間切れるといいところか。制限時間は21時30分まで。

トータルで11時間30分~12時間程度の予想タイム。16時30分頃にはゴールできるのではないかと思います。
補給や暑さなどでどうなるかはわかりませんが、12時間を目標にがんばります。

テーマ : トライアスロン
ジャンル : スポーツ

ツール・ド・あいち(伊勢三河湾)+探訪あいち2011-07-13(Wed)

雨天で中止となったツール・ド・あいちに行ってきました。
今回は探訪あいちのおまけつき。

コースはこんな感じ。
弥富~鳥羽
フェリーにて鳥羽~伊良湖~師崎
師崎~弥富

師崎にて探訪あいちに合流しました。

来週は本番なので、とにかく無理せず。
ひたすらマイペースで走行しました。

昼飯うまかった。

isemikawa


えっ、短い?

テーマ : トライアスロン
ジャンル : スポーツ

蒲郡リザルト2011-07-04(Mon)

今日は昨日の疲れをほぐすためスイム。
ペースも気にせず、フォームだけの意識でゆっくり500m泳ぎました。
気持ちよかった~。

遅ればせながら、蒲郡オレンジトライアスロンのリザルトが出てました。

2時間48分50秒(122位・完走488名)

スイム 38分18秒
バイク 1時間20分28秒
ラン 50分4秒

ちなみに去年(コースはまったく同じです)は

2時間45分49秒(198位・完走428名)

スイム 36分24秒
バイク 1時間19分19秒
ラン 50秒6秒

ということで、タイムは遅いけど順位はアップ。
ためしに今年と去年の大会ベストラップを比較してみます。
 
   (今年) / (去年)
総合 2時間9分38秒 / 2時間3分31秒
スイム 25分7秒 / 22分11秒
バイク 1時間7分3秒 /1時間3分59秒
ラン 36分24秒 /36分11秒

こうしてみると、コンディションがよくなかったのがよくわかります。
レベルが落ちたわけではないのでホッとしました。


テーマ : トライアスロン
ジャンル : スポーツ

ツール・ド・あいち(神坂峠)+おまけつき2011-07-03(Sun)

昨日の疲れが若干残ってるけど、ツール・ド・あいちに参加してきました。
今日はシンプル。
神坂峠。標高1037m、距離13km。

恵那峡のSAでこるなごさんに遭遇。自転車談義をしてから、集合場所に移動。
到着するともういつものメンバーはほとんど集合してました。(OCCからはOさんとM野さんだけでした。しくしく。)

ウォーミングアップと適当に坂を登ってるとやっぱり重い・・・。
でも、スタートすると、そんなことは忘れてしまうはず。
(いつものことながら写真はありません。あしからず)

スタート地点で去年、グランフォンド三重を一緒に走った三重のM田さんと一緒に。今年も参加したそうなので、一緒に走ればよかった~(そうすればぜったい道に迷わなかった)

そんなこんなで、仲間と談笑してるといつのまにやらスタート。
目標は去年のタイム超え。(低っ!)

いつものことながら、こるなごさんとシマウマ男さんをはじめ先頭集団が発射。
いまのレベルで、あれについていくと、山に登るどころか天に昇ります。

tokonameさんは・・・後ろだ。

でも、tokonameさんは後半タイプ。絶対あとから追ってくる。

ペースはまずまず。抜かれもせず、抜きもせず。
でも、体はきつい。

途中、一人抜かれた人から話しかけられる。
謎の人「どこから、来たんですか~?」
僕「はぁはぁ。こ、江南です・・・。ぜぇぜぇ。」
謎の人「僕は高山から着ました」
僕「ぜぇぜぇ。と、とおいところから・・・はぁはぁ・・・きましたね・・・ぜぇぜぇ」
謎の人「今年は一時間切り目指してるんです」
僕「そ、そうですか。ごほっ。ぜぇぜぇ。がんばってください。」

無理です。呼吸きつすぎて会話不能。

呼吸を整えつつ後半へ。苦手な高勾配区間。
うしろをみると・・・。むっ、H條さん!!まずい、抜かれる。
でも、tokonameさんはまだ着てない。

しばらくすると、なんとかH條さんは振り切った。

もう少しで、ゴールかなっ。と思って、後ろを振り返ると。

来た!スイスジャージ。tokonameさんだ。

だめだ。足が回らん。

抜かれたあとなんとか追いすがる。

背中はまだ見える。足はなんとか回り始めた。

でも、追いつけませんでした。tokonameさんの壁は厚い・・・。

時間は1時間2分。去年より7分速くなったけど。最後のひとふん張りができなかったことに後悔。
もっと、追い込めたのじゃないか。

misaka.jpg

ゴール後はみんなで一服。
このひとときがたまらない。

そして、今回はシマウマ練に加えてもらいました。

simauma.jpg

食べることも追い込みが必要。

シマウマ男さん「ささのってぃくん、餃子足りないんじゃない?」
僕「む、無理っす。もう食えません~」
シマウマ男さん「食べ盛りだから、もっと食べないといかんよ」

そんなわけで補給は完璧。

うちに帰って、追い込みが足りない反省をこめてランニング。

kumo.jpg

雨降りそう。
でも、走る。

あっ、洗濯物干したままだ。
おうちに帰ろうかな。
いかんいかん。ここで追い込めないからいかんのだ。

小牧山を目指す。

komaki.jpg

遠いな。オイ。

komaki2.jpg

見えてきた。

komaki3.jpg

到着。
来たからには登ります。

う~。もう足が上がらん。

komaki4.jpg

山頂まで1キロののぼり。
なんとか到着。
もう手が震えております。

ここまで来たからには帰らなければなりません。

ペースは相当落ちたが、フォームだけはキープしながら自宅へ。

走行距離22キロ。
もう走れん。



この2日間でよく追い込めました。

寝まふ。zzz・・・。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ツール・ド・ぼん stage22011-07-02(Sat)

「忙しい?たまには一緒に走りませんか?」

ぼんさんからメールが入った。

僕「いいですよ。でも、まさかブルベみたいなコースじゃないでしょうね」

ぼん「150kmくらいだから大丈夫。」

まぁ、150kmくらいなら大丈夫か。

で、ぼんさんから送られてきたコースがこれ。

ど~ん。

獲得標高が3000m近くある・・・。さすがぼんさん。しかも、投稿者とタイトルが逆だ。




そんなわけで、6時に「道の駅・織部」に集合。

登る、登る。途中、ぼんさんパンクするも。

ぼんさん

ひたすら登る。

冠山峠に到着。

santyou

なぜか山岳賞ジャージです。

反対側に下って、自販機探そうとするも、あきらかになさそうなので標高500m地点で引き返し。

また登る。

下りきって、平坦にはいると、ぼんさんミサイル発射。

巡航速度40キロで置いていかれました。は、速い。



あっ



という間にゴール地点。

相変わらずぼんさんのスピードは健在でした。そして、ぼんさんの選ぶコースはやはり絶景あり山ありでいいコースでした。

いや~、よく走った。もう走れん。

あっ、明日ツール・ド・あいちだ・・・。



*詳細はぼんさんのブログ「剛脚でごめんなさい!」からどうぞ。

*ステージ1はこちらから

テーマ : ロードバイク・ツーリング
ジャンル : スポーツ

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。