スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の仙丈ケ岳を登る2012-10-14(Sun)

木曽駒のつぎは甲斐駒・・・ではなく、甲斐駒のお隣の仙丈ケ岳に行ってきました。

仙丈ケ岳は3033mの標高があるものの、2000mくらいまで林道バスが走っているため、比較的登りやすく南アルプスの入門者用の山です。

先週と同様、3時半に自宅(愛知県江南市)を出発、6時過ぎに仙流荘駐駐車場に着。臨時バスもでており、6時半にバスにのって、7時30分頃に仙丈ケ岳と甲斐駒ケ岳のふもとの北沢峠に到着しました。(ピーク時なので臨時バスがありましたが、時期によっては6時のバスを逃すと次は8時です)

senzyou01

北沢峠から5合目まではひたすら林道を歩き続けます。

senzyou02

6合目あたりから木々の背が低くなり、目の前には

senzyou03

仙丈ケ岳・・・と見せかけて、これは小仙丈ケ岳でした。小仙丈ケ岳尾根のルートで登りましたが、もう終わりかなぁ~ておもっていると、まだ続くというパターンの繰り返して、精神的ダメージの大きいルートでした。

ここまで来ると眺望が開けて

senzyou04

甲斐駒も

senzyou05

北岳も見えます。

さらに歩みをすすめて、小仙丈ケ岳に到着。

senzyou07

今日は富士山もよく見えます。

senzyou08

やっと山頂が見えた!

senzyou09

と思っておりましたが、残念ながらこいつは山頂ではありませんでした。
8合目まで行くとやっと、山頂が拝めました。

senzyou10

山頂まであと少し。

senzyou11

やっとのことで

senzyou15

山頂着。

senzyou12

山頂から、藪沢カール。

senzyou14

先週行った中央アルプス。右には御岳も見えます。
時間も限られているので(最終バスは16時)下山開始。下山中も甲斐駒が眺められます。

senzyou16

なかなか姿の見えなかった仙丈ケ岳の山頂を下り途中に写真におさめて北沢峠へ向かいます。

senzyou17

帰りは馬の背ヒュッテ~藪沢小屋~5合目というルートで帰りましたが、このルートは少ないみたいで、藪沢新道や小仙丈尾根経由で帰るみたい。前も後ろも人がいなくて怖かったです。

senzyou18

バスで仙流荘まで戻ると、併設の温泉で疲れをとって帰途へ。本格的に登ったので筋肉痛でした。

senzyou19

天候にも恵まれ、最高の登山日和でした。
スポンサーサイト

紅葉の木曽駒ヶ岳をハイキング2012-10-06(Sat)

久々に登山の記事。

しかも

3000m級!

とっていも今回はハイキングです。

10月6日に木曽駒ヶ岳に行ってきました。木曽駒ヶ岳は2956mの標高の山ですが、ロープウェイで2650mまで行けるため、普段着の方もちらほら。しかし、紅葉のピークということもあり、自宅(愛知県江南市)を3時30分にでて、5時30分頃に駐車場に到着。しかし、すでに菅の台の駐車場は満車でちょっと上の駐車場に止めました。

バス停はごらんのあり様。

kisokoma01

1時間近くまってバスに乗車。
さらに30~40分待って、

kisokoma02

ロープウェイで一気に上へ、
駅を出るとそこは

kisokoma03

千畳敷カール。まさに紅葉のピーク。
時間とお金をかけただけのことはあります(汗)

この日は天気がよくて、遠くを見渡せば

kisokoma04

南アルプスの向こうに富士山が。

いや~、しかし絶景です。

kisokoma05

kisokoma06

千畳敷カールから駒ヶ岳へ

kisokoma07

ものすごく混んでます。

kisokoma09

中岳からみた木曽駒。

あたりまえですが、難なく駒ヶ岳到着。

kisokoma10

山頂からは

kisokoma11

御嶽山も見えます。

お気軽ハイキングですが、絶景の楽しめる秋の駒ヶ岳でした。

kisokoma12

帰りはもちろんソースかつ丼で。

kisokoma13
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。