スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本トライアスロン皆生大会~必殺ゲロルシュタイナーの巻~2011-07-18(Mon)

いよいよ皆生の日がやってきた。

5時にホテルを出て会場へ。
せっせと準備。

ttansition

天気は憎いくらいの快晴。
暑くなりそうだ。

海をみると結構波がある。
入水チェックを終わらスタートを待つ。

7時。スタート!
800人あまりのトライアスリートたちが海へ飛び込む。
波はあるもののペースとフォームを崩さないよう慎重に泳ぐ。
幸運なことにいい位置につけられたので、ブイを横目に方向間違えずに泳げました。

折り返しのチェックポイント
34分。悪くない。
海水でカラカラになった口の中を洗って再び海へ。

しばらく泳ぐと・・・。
しょっぱさを通り越して気分が悪くなってきた・・・。
塩分に口の中の感覚がなくなってきた感じ。
我慢して泳ぐ。気持ち悪い。吐き気がしてきた。

で、

ゲロ水発射。

ライフセーバーさんから「大丈夫ですか~?」と声をかけられる。
ぜんぜん大丈夫じゃないっす。

吐いたらちょっと体調がよくなってきたので、また泳ぎだす。
少しずつ海の底が見えはじめる、スイムフィニッシュまであと少し。

なんとかスイム3キロ泳いで陸に上がれました。
潮流もよくて、1時間15分くらい。ゆっくりとトランジション。

次はバイク145キロ。
日野川を上って大山方面へ向かう。向かい風。
先は長いのでゆっくり進む。エイドステーションで吐いた分を補給。果物、おにぎり、梅干などなど充実の内容。
補給をすませ大山へ。

daisen

景色はいい。

登る、登る、ひたすら登る。トライアスリートだけど登りは得意なので、ひたすらパスしつづける。
暑くて、頭がくらくらしてくるので、エイドのたびに水をかぶって冷却。
大山が終わっても、ひたすらジェットコースター状のアップダウン。
長い長い山岳コースを終えて、ふたたび日野川へ戻ると・・・再び向かい風。行きも帰りも向かい風。
145キロのバイクコース完走。

ラストはラン。42.195キロ。
なんとか足は動く。
が、しばらくすると・・・ヒック。うっ、しゃっくりが止まらん。
暑さで横隔膜がやられたか。呼吸ができずやむなく歩き出す。
スタートしてまで1キロも過ぎてない・・・。
走ったり歩いたりを繰り返しながら進む。でも、このままじゃタイムオーバーペースだ。
走り出すとしゃっくりによる呼吸困難。体調は一向によくなる兆しなし。

うっ、ゲロルシュタイナー第2号が出そうだ。
おえぇぇぇー。と、中身はでなったもののえづく。

あっ、しゃっくりとまった。

いける。エイドステーションでドリンクを飲むと体に染み渡っていく。
足は動く。いままで抜かれたランナーを抜き返す。ペースは良い。
折り返し地点が近づく。膝が痛くなってきたがまだ行けそう。

折り返し地点。
テーピングサービスをやっていたので、念のためにテーピングを施してもらう。
補給して走り出す。

膝が痛む。

走れない。また、歩き出す。歩いて走ってを繰り返す。
さっき抜いた人たちが先へ進む。だが、足は動かない。
エイドで苦し紛れにサロンパスとコールドスプレーをかけまくる。

ほぼ歩きペースに。時間が・・・。
しばらくすると奇跡的に痛みがなくなってきた。
26キロ付近で後ろからアンドローニ・ジョカトーリのジャージを着た人が追いついてきた。前半でも僕と同じ地点でよろよろ歩いていた人だ。きっとこの人も問題を抱えながらここまでやってきたのだろう。このスカルポーニさん(仮称)と一緒に走り出す。二人とも今は問題なく、またいままで抜かれた人たちを抜き返す。
いままで出た大会、どこから来たのかなどとりとめのない会話をしながらゴールを目指す。
会話で気分がまぎれたのか、30キロ、35キロと順調に足をすすめることができた。

あたりはすっかり暗い。
残りは2キロ。スカルポーニさんとゴールをめざす。残り1キロ。足が動かない。
スカルポーニさんは先に進む。残り1キロが長い。

でも、競技場でゴールのアナウンスが聞こえる。
競技場に入る。
あと少し。

フィニッシュラインが見えた。
名前を読み上げてもらって、両手を挙げてゴール。

長かった。時計を見ると8時を過ぎていた。

ゴールした後にスカルポーニさんが「ゼッケン交換しましょう!」と言ってくれた。
一緒に走れなったらゴールできなかったかもしれない。
お礼を言ってゼッケンを交換しました。

zekkeenn


ゼッケン765番さん、ありがとう。

本当に過酷なレースでした。
吐きながら走るというどうでもいい技を習得しました。

これを書いている今はまだ実感がわきませんが、ゴールしたときの充実感はいままでにないものです。

いまはゆっくり休みたいけど、またしばらくすると出たいと思うんだろうな・・・。
スポンサーサイト

テーマ : トライアスロン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

お疲れ様でした!
完走おめでとうございます!

トライアスロンって壮絶な世界ですね。
ゲロルシュタイナーを2回も放つとは。
あれは1日1回までです  (^ω^;)


>the_32oさん

ゲロルシュタイナーは僕だけの必殺技でもないみたいです。
ほかのトライアスリートさんも、腹壊したりとか、吐いたりとかいろいろな経験をお持ちなようです。

書くのが面倒だったので省略してますが、計3~4回はえずいてました。補給でコーラはよくないようです。

No title

お疲れ様でした。
やっぱり過酷ですね~!

完走したあなたは凄すぎる・・・

今度牽いて下さいね~
でも、私を牽いているときはゲロルシュタイナー禁止ですよ(^_^;)

>こるなごさん

完走率は過去最低タイだそうです。
何度も何度もあきらめかけましたが、ゴールできました。

僕の後ろにつくとゲロ水が飛んでくるかもしれませんよ~(笑)
前方でどうぞ~・

お疲れ様ですm(_ _)m

トライアスロン完走、おめでとうございますm(_ _)m
読んでいてトライアスロンの壮絶さが伝わってきました。

今はゆっくり休んでくださいね。

No title

凄まじいな~
まさに限界への挑戦ですね

そして、見事に完走 おめでとう!!
次回からは「鉄人」と呼ばさせてもらいます

No title

お疲れ様でした。

そして完走おめでとうございます!

ゼッケン交換って

なんかイイですね~

戦友って感じで

No title

いつの間にか、すっごい技を身につけていたんですね
後ろで泳いでました・・・あれで・・・DNFでした(ウソ)
ってトライアスリートが何人いたことか
~~│Д (-人-;) ジョウブツシテネ…
次回までにもう一段上の必殺技身につけなきゃ
でも、ゲリは自分も苦しいから・・・どう?

>テラッシーさん

壮絶なんですが、景色のよさや沿道の応援でほかではない経験ができました。

1週間くらいはお休みです。

>ぼんさん

いままでにない距離、運動量に加え、猛暑のなかのレースで、まさに鉄人レースでしたよ。

>ラッセルマシーンさん

翌日のパーティでもそうでしたが、まさに戦友という感じでした。

ゼッケン交換はいい思い出になりました。

>tokonameさん

どうか成仏してほしいものです。ナムアミダブツ。

レース途中にトイレに駆け込んだ経験はありです。
レース途中に植え込みに自転車ごと突っ込んだ経験もありです。

う~む、次の必殺技が思い浮かびません。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。